KU

ji_panS_jin_bu.html

宇宙地球化学講座:地球化学では、試料の化学組成・同位体分析を通じて、試料が形成された年代や当時の物理化学的環境を調べ、試料が経てきた地質学的イベントに関する様々な知見を引き出します。相関地球化学では、独自に開発を進めている超微量元素分析技術を駆使して、隕石の年代学、地球中心核の形成過程、大陸成長史、生体内での微量金属元素の代謝機構など様々な研究を進めており、46億年にわたる地球や太陽系、生命の進化を明らかにしようとしています。相関地球化学の「相関」は、様々な分野の研究者が相互に影響しあって研究を進めることを意味しています。私達はその理念に従って、様々な研究者との共同研究を積極的に推進しています。

 現在、私たちは以下の3つの研究テーマに取り組んでいます。(1) 太陽系形成初期の年代学、(2) 地球中心核を含めた惑星金属核-マントル間での元素分配、(3) 生体金属支援機能化学(メタロミクス)です。これらの研究には、年代測定に代表される応用研究と、無機微量元素を基軸とした萌芽的研究開発が含まれています。これは科学の進歩に必要な両輪、つまり「学際分野の開拓」と「特定分野の深化」に対応しています。

Cosmo- and Geo-chemistry Group : The geochemistry is the one of the key research field to derive the direct “evidence” of the growth history of the Earth and the Solar System.  We are trying to understand the early sequence of the solar system, meteorites, planetesimals or the Earth’s core, and also to decode the crustal growth sequence and the origin and evolution of the life through the elemental and isotopic analyses of various samples including rock, mineral, fluid and biochemical tissues.  To achieve this, we are developing a state-of-the-art technique for the elemental analysis using the high power lasers and the mass spectrometry.  Among the technique, combination of the femtosecond laser and the ICP-mass spectrometry has a potential to become a significant and the most sensitive tool for the elemental and isotopic analyses for various solid samples.  The newly developed system has blossomed to become the key technique to provide the most precise chronological data for both the rock and mineral samples.  Moreover, the present analytical technique is likely to become a method of choice for many chemists or biochemists because it is much more versatile and user friendly and efficient method for the elemental analysis for industrial or biochemical samples.  New analytical techniques can become a major tool to open up the non-traditional research field.  Here you can find the answer.

News : 基盤研究(S)超高圧地球化学の研究進捗状況(H24研究進捗評価:A評価)ji_panS_jin_bu.html

Revised 24th February. 2014 hrt1

News : 2013年10月 日本地質学会に入会しました

News : 2013年8月 ゴールドシュミット国際会議で同位体分析技術の進歩に関する招待講演を行います。

同位体比部会プレゼミ資料ダウンロードはこちらへPreseminar2012.html

News : 2013年5月 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻の入試説明会が開催されます。

News : 2013年7月 日仏メタロミクスワークショップに招待していただきました(フランス・オビエド)。

News : 2013年10月3日 兵庫県立柏原高等学校「進路探求ウィーク」で講演してきました。

News : 中川君が2012年GJアワードを獲得(2013年3月6日)

Yusuke Nakagawa, Shotaro Takano, M. Lutfi Firdaus, Kazuhiro Norisuye, Takafumi Hirata, Derek Vance and Yoshiki Sohrin (2012) The molybdenum isotopic composition of the modern ocean Geochemical Journal, Vol. 46 (No. 2), pp. 131-141.

2013年8月のGoldschmidt Conference (Firenze, Italy)で受賞式が行われました。

レーザーアブレーション分光分析研究会についてLaser_DG2013.html
レーザーワークショップは、レーザーアブレーション分光分析研究会が企画・運営します。研究会の詳細についてはこちらをご覧下さい。Laser_DG2013.html

News : 2013年9月21日 横浜桐蔭高等学校(神奈川)「リトルユニバーシティー」で講演してきました。

News : 2013年910月28日 ひらめき☆ときめきサイエンス「最先端の分析装置を使って隕石を観察・分析してみよう」を開催しました。

ひらめき☆ときめきサイエンス

を実施しました

News : 2013年10月30日 大阪信愛女学院の皆さんが来校されました。

News : 2013年10月24日 和歌山県立日高高等学校にて出張実験をしてきました(地球化学会講師派遣プログラム)

News : 2013年12月4-6日 日本質量分析学会同位体比部会が広島で開催されました。

同位体比部会2013

2014年3月に、最新型マルチコレクター型ICP質量分析計が導入されました。イオン検出器に、従来のファラデー検出器と、6つの二次電子増倍管によるハイゲインイオン検出器が装着されています。近日中には、2個のデイリー・ハイゲインイオン検出器の装着を計画しています(右図)。これにより、高感度かつ高精度な鉛同位体分析(年代分析)が可能となります。

News : 2014年1月 ELCAS(最先端科学の体験型学習講座)を開催しました。

News : 2014年3月 女子中高生のための関西科学塾を開催します。

Cytometry is the quantitative analysis of cells and cell systems.  Cytometry measures optical properties of cells, and most often uses fluorescence to measure specific antigen molecules, intracellular ions and DNA/RNA using antibodies, indicator dyes, or nucleic acid-specific probes.  Advantage of the cytometry are the analysis speed, detection sensitivity, the ability to measure many parameters simultaneously, and the ability to sort individual cells, and therefore, mechanism or process of elemental metabolism could be precisely evaluated based on the extensive number of cells (e.g., Bendall et al., 2011; Bodenmiller et al., 2012).  This approach can also be applied to understand the solar system evolution based on the numerous number of age data.  In recent ten years, we have demonstrated the unique study approach using the distribution pattern of sample ages based on the series of precise age data collected from large number of samples (i.e., age-cytometry) [e.g., Rino et al., 2004; Iizuka et al., 2006; Iizuka et al., 2009; Iizuka et al., 2010].  With the high-time resolution age data obtained by present analytical technique using the LA-ICPMS, further precise and quantitative discussion could be made on the solar system evolution through the age-cytometry.  Moreover, the LA-ICPMS technique has further advantages of imaging analysis for samples with various sizes, ranging from <10 microns to >10 mm.  Because of high capability for quantitative imaging of ultratrace-elements, together with high analytical capability to measure large-sized samples, the newly developed high-resolution and high-throughput age determination system using a LA-MC-ICPMS has a potential to become a significant tool to promote the age-cytometry.  In this presentation, we will demonstrate new analytical technique using LA-MC-ICPMS for the high-resolution and high-throughput age determinations from various geochemical samples.

台湾で開催された同位体シンポジウムの記念写真。京大からは岡林識起君、坂田周平君(いずれも招待講演)と平田岳史が参加しました。

講義資料ダウンロード

同志社大学春学期(環境地球化学)

遅くなってすみません

京都大学(太陽系と地球の化学)