レーザーアブレーションワークショップ2015 -LA-ICPMSの国内最先端研究とイメージング分析用ソフトウェア-

 試料に含まれる主要・微量元素濃度・同位体組成を迅速かつ正確に分析することは、環境科学分野、地球惑星科学分野、食品衛生分野、生物学・生命科学分野、製造分野など幅広い学術分野を支える基盤技術となっている。こうした分析評価技術はまた、国民生活の向上を目指す「ライフ・イノベーション」や、経済・産業推進と環境保護の両立を図る「グリーン・イノベーション」を支える基盤技術であり、更なる高性能化と国内研究機関へのすみやかな普及・実用的展開が望まれている。

 元素分析に関しては、これまでに様々な手法が開発・実用化されている中で、レーザーを用いた分光分析技術であるレーザーブレークダウン分光分析法(LIBS)やレーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析法(LA-ICPMS)は、対象試料を迅速かつ低汚染で分析できるという利点に加え、局所分析、深さ方向分析、さらには固体試料の二次元素分布分析(イメージング分析)が可能であるなどの特長を有する。さらにLA-ICPMSは、元素濃度分析に加え、同位体組成分析も可能であり、これまで得られなかった全く新しい情報を試料から引き出すことが可能である。これらの分析技術は、その高い分析感度、迅速性、応用・汎用性の高さから、将来的に広い学術研究・社会的応用研究要請に対応できる分析技術になると期待されている。しかしその一方で、レーザーを用いた分析技術はまだ黎明期のものであり、固体試料表面との相互作用といった手法原理の理解がレーザー発振技術の急速な進歩に追従できておらず、化学分析法として高性能化・実用化する際の障壁となっている。さらに得られる化学分析データの正確さや国際間でのトレーサビリティーを確保する上で重要となる固体標準物質の整備も十分でなく、レーザー化学分析法が学術的あるいは社会的研究要請に対応する技術となるには解決すべき問題が残っている。こうした学術的あるいは社会的要請から、レーザー化学分析法に内在する諸問題を共有し、その解決策および将来の研究動向の策定、さらには実用化に向けた研究ネットワークの構築、新規需要の開拓を実現するための議論の場を提供することを目的に本ワークショップを企画した。

 LA-ICPMSとLIBSについて、国内外の研究者、ユーザー、分析機器メーカーから、最先端の研究、最新の技術開発などについて紹介します。本年は中央大学の古田教授と産総研の昆研究員からLA-ICPMSの基礎および応用研究をご紹介頂くとともに、本会世話人代表の京都大学の平田から、LA-ICPMSを用いたイメージング研究のためのソフトウェアの無料配布および取り扱い説明を行います。


主催: レーザーアブレーション分析研究会

日時: 9月2日(水) 10:00~17:30

場所:国際会議場 104会議室

参加費:無料

懇親会費: 3,000円(予定,希望者)



ワークショッププログラム

受付: 9:30~

10:00~10:05 開会の挨拶 平田岳史(京大理)

10:05~10:40 【概論】LA-ICPMSの基礎と応用 大畑昌輝(AIST/NMIJ)

10:40~11:20 【入門講座】LA-ICPMSを用いた元素イメージングについて:生体試料の分析を例に 平田岳史(京大理)、鈴木敏弘(東工大院)


11:20~13:20 昼休み・JASIS展


13:20~14:10 【特別講演 1】LA-ICPMSで問題となる元素分別効果はどのようにして起こるのか?その解決法は? 古田直紀(中央大理工)

14:10~15:00 【特別講演 2】fs-LA-ICPMSを用いた岩石・鉱物・資源研究 昆慶明(AIST/GSJ)

15:00~15:10 休憩


15:10~15:40 【新技術紹介1】New Developments on LA from ESI (仮) Ciaran O’Connor (ESI)

15:40~16:10 【新技術紹介2】The Evolution and Future of Sample Chambers for Laser Ablation ICP Mass Spectrometry

               Dhinesh Asogan (Teledyne CETAC Technologies)

16:10~16:40 【新技術紹介3】Simultaneous elemental and isotopic chemical analysis by fs-LIBS and fs-LA-ICPMS

               Jong Yoo and Jhanis Gonzalez (Applied Spectra Inc.)

16:40~17:10 【新技術紹介4】レーザーアブレーション試料導入法におけるフェムト秒レーザーの優位性(仮)関田仁志(Cyber Laser inc.)

17:10~17:30 総合討論および閉会の辞  平田岳史(京大理)

18:00~ 懇親会



世話人:レーザー分光分析研究会

平田岳史(京都大学大学院理学研究科)(代表)

大石昌弘(TDK株式会社技術本部先端技術開発センター)

大畑昌輝(産業技術総合研究所 計測標準研究部門)



Seminar Title: Laser Ablation Workshop 2015 –Frontier researches and imaging analysis by LA-ICPMS

Laser ablation inductively coupled plasma mass spectrometry (LA-ICPMS) has been widely accepted as one of the most sensitive and rapid analytical technique for elemental and isotopic analysis of solid materials.  However, there remain many problems to be solved such as elemental fractionation and calibration standards in order to make it a truly quantitative and routinely applicable direct solid analytical technique.  To expand the practical usage of the LA-ICPMS as well as LIBS (Laser Induced-Breakdown Spectroscopy), we organize the 3rd Laser Ablation Workshop.  The workshop featured by 8 lectures including special lectures by Prof. Naoki Furuta (Chuo Univ.) and Dr. Yoshiaki Kon (GSI/AIST) as well as four technical presentations by ESI, CETAC, ASI and Cyber Laser.  An imaging software from Prof. Hirata will be also distributed to all participants with free of charge.  All scientists using laser ablation or those who want to learn more about laser ablation are welcome to this workshop. 


Organizer: Discussion Group for Laser Ablation Spectrochemistry

Date: September 2nd (Wed.) 10:00-17:30

Place: 104 at 1st Floor of JASIS Conference Hall (Makuhari, Chibe, Japan)

Admission fee: Free

Pre-registration: Requested (http://www.kueps.kyoto-u.ac.jp/~web-geochem/LaserWorkShop2015.html)

Registration fee for social mixer3,000 JPY

Contact: Masahiro Oishi (TDK Corporation)  E-mail: moishi@jp.tdk.com


Program of the Workshop

Reception: 9:30-

10:00-10:05 Opening remarks Prof. Takafumi Hirata (Kyoto Univ.)

10:05-10:40 [Over view] Fundamentals and applications of LA-ICPMS Dr. Masaki OhataNMIJ/AIST

10:40-11:20 [Introductory lecture] Coupling of Laser Ablation-ICPMS technique with iQuant2 software for the imaging cytometry

       Prof. Takafumi Hirata (Kyoto University) and Dr. Toshihiro Suzuki (Tokyo Institute of Technology)


11:20-13:20 Lunch and JASIS Exhibition


13:20-14:10 [Special lecture 1]  How does the elemental fractionation occur in LA-ICPMS and how can we solve it ? Prof. Naoki FurutaChuo Univ.

14:10-15:00 [Special lecture 2]  Researches for petrology and mineral resources using fs-LA-ICPMS Dr. Yoshiaki Kon (GSI/AIST) 


15:00-15:10 Break


15:10-15:40 [Technical presentation 1] Developments from ESI in the field of laser ablation solid sampling for ICP-MS and ICP-OES Dr. Ciaran O’Connor (ESI)

15:40-16:10 [Technical presentation 2]  The Evolution and Future of Sample Chambers for Laser Ablation ICP Mass Spectrometry

       Dr. Dhinesh Asogan (Teledyne CETAC Technologies)

16:10-16:40 [Technical presentation 3]  New Developments of LIBS Spectrometer and its Application Dr. Jong Yoo and Dr. Jhanis Gonzalez (ASI)  

16:40-17:10 [Technical presentation 4]  Reliable and Stable Femtosecond Laser System for Elemental Analysis (Tentative Title) 

       Hitoshi Sekita (Cyber Laser Inc.)

17:10-17:30 Overall discussions and closing remarks Prof. Takafumi Hirata (Kyoto Univ.)

18:00-20:00 Social mixer (APA Hotel and Resorts Tokyo Bay Makuhari)


KU

終了しました。皆様、多大なるご協力有り難うございました。

来年も開催を計画しています。よろしくお願いいたします。