説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: http://www.kueps.kyoto-u.ac.jp/~web-pet/logo_j.jpg

 

Last Modified

 

JSPS PD
Fumiko HIGASHINO

 

Backgrounds

Master of Science, Kyoto University (2013)

JSPS Research Fellow (DC1), Kyoto University (2013-2016)

Doctor of Science, Kyoto University (2016)

JSPS PD Fellow, Tohoku University (2016-present)

Guest Scientist, University of Bern, Switzerland (2016-present)


Professional Memberships

Japan Association of Mineralogical Science

Geological Society of Japan

Japan Geoscience Union


Links

JSPS Research Fellowship for Young Scientists

Petrology Group (Kyoto Uni.)

Kyoto University

Graduate school of Environmental Studies, Tohoku University

Tsuchiya Lab., Tohoku University (in Japanese)

University of Bern, Institute of Geological Sciences, Isotope Geology

 

Graduate school of Environmental Studies

Tohoku University

6-6-20 Aramaki-Aza Aoba, Aoba-ku, Sendai,

 980-8579 JAPAN


Institut für Geologie, Universität Bern,

Bern, Switzerland


Telephone and FAX:
+81-22-795-7401


E-mail

e-mail

 

 

Research Interests

Fluid activity and behavior of REE-bearing minerals under granulite facies metamorphism

Publications

3. Higashino, F., Kawakami, T., Tsuchiya, N., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Grantham, G.H., Sakata, S., Hattori, K., Hirata, T., Geochemical behavior of zirconium during Cl-rich fluid or melt 1 infiltration under upper amphibolite facies metamorphism – A case study from Brattnipene, Sør Rondane Mountains, East Antarctica. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 110, 166-178. (Best Paper Award for Student Scientists, 2016)

2. Kawakami, T., Nakano, N., Higashino, F., Hokada, T., Osanai, Y., Yuhara, M., Charusiri, P., Kamikubo, H., Yonemura, K., Hirata, T., 2014. U-Pb zircon and CHIME monazite dating of granitoids and high-grade metamorphic rocks from the Eastern and Peninsular Thailand – A new report of Early Paleozoic granite. Lithos, 200-201, 64-79.

1. Higashino, F., Kawakami, T., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Maki, K., Tsuchiya, N., Grantham, G. & Hirata, T., 2013. Chlorine-rich fluid or melt activity during granulite facies metamorphism in the Late Proterozoic to Cambrian continental collision zone - an example from the Sør Rondane Mountains, East Antarctica. Precambrian Research, 234, 229-246

Awards

7. Japan Association of Mineralogical Sciences (JMPS) Best Paper Award for Student Scientists, 2016 (Sep. 2016)

6. Student Outstanding Presentation Award of Solid Earth Section. Japan Geoscience Union Meeting 2015 (May. 2015).

5. Best Poster Presentation Award of Japan Association of Mineralogical Sciences Annual Meeting (Sep. 2014)

4. Student Outstanding Presentation Award of Solid Earth Section. Japan Geoscience Union Meeting 2014 (May. 2014).

3. Certificate of Student Award for master thesis, Kyoto University (Feb. 2013)

2. Best Poster Presentation Award of Japan Association of Mineralogical Sciences Annual Meeting (Sep. 2012)

1. Takegoshi Award, Graduate school of Science, Kyoto University (June. 2012)

学会発表

International conference

12. Higashino, F., Kawakami, T., Tsuchiya, N., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Grantham, G.H., Sakata, S., Hattori, K., Hirata, T. Geochemical behaviour of Zr around a metasomatic vein and possible brine infiltration under upper amphibolite facies conditions. 35th IGC, Cape Town, September 1st, 2016.

11. Kawakami, T., Higashino, F., Skrzypek, E., Grantham, G.H., Satish-Kumar, M., Tsuchiya, N., Ishikawa, M., Sakata, S., Hirata, T. Pressure-temperature-time path and timing of Cl-bearing fluid infiltration to the upper-amphibolite to granulite facies metamorphic rocks at Perlebandet, Sør Rondane Mountains, East Antarctica. 35th IGC, Cape Town, September 2nd, 2016.

10. Higashino, F., Kawakami, T., Tsuchiya, N., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Grantham, G.H., Sakata, S., Hattori, K., Hirata, T. Goldschmidt 2016, Yokohama.

9. Higashino, F., Kawakami, T., Tsuchiya, N., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Grantham, G.H., Mass transfer by brine infiltration under upper amphibolite facies conditions. Goldschmidt 2015, Prague, August 18th, 2015.

8. Higashino, F., Kawakami, T., Tsuchiya, N., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Grantham, G.H. Garnet-hornblende vein formation and mass transfer by brine infiltration during upper amphibolite facies metamorphism: A case study from Brattnipene, Sør Rondane Mountains, East Antarctica. The International Colloquium on Metamorphic Evolution and Asian Continental Growth. Fukuoka, Japan. Fubruary, 2015.

7. Higashino, F., Kawakami, T., Tsuchiya, N., Ishikawa, M., Satish-Kumar, M., Grantham, G. H. Multi-stage brine activity in the granulite terrane- New findings from the mafic gneisses from the Sør Rondane Mountains, East Antarctica. 11th International Workshop on WATER DYNAMICS. Sendai, Japan. March, 2014. Invited talk.

6. Kawakami, T., Higashino, F., Tsuchiya, N., Ishikawa, M., Satish-Kumar, M., Sakai, H., Sato, K. Syn-metamorphic boron-bearing aqueous fluid and chloride brine activities in continental collision zones. 11th International Workshop on WATER DYNAMICS. Sendai, Japan. March, 2014. Invited talk.

5. Higashino, F., Kawakami, T., Tsuchiya, N., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Grantham, G. H. Significance of multi-stage chloride brine activity in granulite terrane- An example from Brattnipene, Sør Rondane Mountains, East Antarctica. Geofluid 3. Tokyo, Japan. March, 2014.

4. Kawakami, T., Higashino, F., Sakai, H., Sato, K., Tsuchiya, N., Ishikawa, M., Satish-Kumar, M., Grantham, G. H. Syn-metamorphic boron-bearing and chlorine-bearing fluid activities in continental collision settings. Geofluid 3. Tokyo, Japan. March, 2014.

3. Higashino, F., Kawakami, T., M. Satish-Kumar, Ishikawa, M., Tsuchiya, N., Grantham, G. H. Multi-stage Cl-rich fluid activity and behavior of REE-bearing minerals in a Neoproterozoic granulite terrane. Goldschmidt 2013. Firenze, Italy. August 29 th, 2013.

2. Higashino, F., Kawakami, T., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Maki, K., Tsuchiya, N., Grantham, G. & Hirata, T., 2012. Chlorine-rich fluid in granulite facies continental collision zone. Goldschmidt 2012. Montreal, Canada. June, 2012.

1. Higashino, F., Kawakami, T., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Maki, K., Tsuchiya, N., Grantham, G. & Hirata, T., 2012. Chlorine-rich fluid activity in the granulite facies continental collision zone –An example from Sør Rondane Mountains, East Antarctica. Joint Symposium of Misasa-2012 and Geofluid-2 Dynamics and Evolution of the Earth’s Interior: special emphasis on the role of fluids. Misasa, Japan. March, 2012.

 

Domestic conference

39. 東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, サティシュ・クマール, 石川正弘, グランサム・ジェフリー, 坂田周平, 平田岳史. 東南極セール・ロンダーネ山地における高温変成作用と流体の挙動―ザクロ石とジルコンの微量元素組成からの制約. 36回極域地学シンポジウム、立川、201611.

38. Mindaleva Diana, 宇野正起, 岡本敦, 東野文子, 土屋範芳. Hydration reactions of pyroxenite under granulite-facies, Sør Rondane Mountains, East Antarctica. 日本鉱物科学会 2016 年年会、S2-P01、金沢、2016 9

37. 東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, サティシュ・クマール, 石川正弘, グランサム・ジェフリー, 坂田周平, 平田岳史. ザクロ石とジルコンの微量元素組成から制約する高温変成作用と流体の挙動:東南極セール・ロンダーネ山地の例. 日本地質学会第 123 年学術大会、R4-P-9、東京、2016 9 .

36. 河上哲生, 東野文子, スクリペク・エティエン, サティシュ・クマール, グランサム・ジェフリー, 土屋範芳, 石川正弘, 坂田周平, 平田岳史. 東南極セール・ロンダーネ山地パーレバンデにおける大陸衝突帯中-下部地殻への塩素に富む流体流入のタイミング. 日本地質学会第 123 年学術大会、R4-O-4、東京、2016 9 .

35. 東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, サティシュ・クマール, 石川正弘, ジェフリー・グランサム, 坂田周平, 服部健太郎, 平田岳史. 角閃岩相高温部における塩素に富む鉱物を含む脈周辺の組織形成過程の検討. 2016. 日本地球惑星科学連合大会2016 年大会、SMP43-02、千葉 2016 5 .

34. 東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, サティシュ・クマール, 石川正弘, ジェフリー・グランサム, 坂田周平, 平田岳史. 2016, Possible process of microstructure formation around Grt-Hbl vein implying brine infiltration under upper amphibolite facies. 変成岩などシンポジウム2016, 岡山. 20163.

33. Kawakami, T., Higashino, F., Skrzypek, E., Grantham, G.H., Satish-Kumar, M., Tsuchiya, N., Ishikawa, M., Sakata, S. & Hirata, T. 2016, Pressure-temperature-time path and timing of Cl-bearing fluid infiltration to the upper-amphibolite to granulite facies metamorphic rocks at Perlebandet, Sør Rondane Mountains, East Antarctica. 変成岩などシンポジウム2016, 岡山, 20163.

32. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、グランサム・ジェフ、坂田周平、平田岳史、角閃岩相高温部で見られる塩水活動に伴う鉱物組成変化プロセス. 日本鉱物科学会 2015 年年会、S2-09、東京、2015 9 .

31. 道久真理絵、佐野有司、高畑直人、石田章純、小池みずほ、吉田健太、東野文子、小木曽哲、阿蘇火山火砕流堆積物中のアパタイトの揮発性成分組成. 日本地球化学会第62 回年会、1P38、横浜、20159.

30. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、グランサム・ジェフ、東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネで見られるザクロ石―角閃石脈の形成と物質移動. 日本地質学会第 122 年学術大会、R4-P-15、長野、2015 9 .

29. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、グランサム・ジェフ、角閃岩相高温部における塩水流入に伴うザクロ石―角閃石脈の形成と物質移動. 日本地球惑星科学連合大会2015 年大会、SMP43-09、千葉 2015 5 .

28. 道久真理絵、佐野有司、高畑直人、石田章純、小池みずほ、吉田健太、東野文子、小木曽哲、阿蘇火山火砕流堆積物中のアパタイトの揮発性元素組成. 日本地球惑星科学連合大会2015 年大会、SGC50-10、千葉 2015 5 .

27. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、グランサム・ジェフ、角閃岩相高温部における高濃度塩水流入によるザクロ石−角閃石脈の形成と物質移動−東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネの例、変成岩などシンポジウム、神戸 2015 3 .

26. 土屋範芳、宇野正起、外田智千、石川正弘、坪川祐美子、河上哲生、東野文子、豊島剛志、M. Satish-Kumar、中村佳博、 セール・ロンダーネ山地での地殻流体に関する研究の優位性と意義. 34回極域地学シンポジウム、立川、201412

25. 河上哲生, 東野文子, ジェフリー・グランサム, 石川正弘, 土屋範芳, サティシュ・クマール, 坂田周平, エティエン・スクリペク, 平田岳史, 高塚紘太, 2014, 東南極セール・ロンダーネ山地パーレバンデにおける塩素に富むH2O流体活動のタイミング. 34回極域地学シンポジウム、立川、201412

24. 東野文子, 河上哲生, 土屋範芳, サティシュ・クマール, 石川正弘, ジェフリー・グランサム, 坂田周平, 平田岳史, 2014, 角閃岩相高温部における高濃度塩水流入に伴う物質移動. 34回極域地学シンポジウム、立川、201412

23. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、グランサム・ジェフ、東南極セール・ロンダーネ山地に産する塩素に富む黒雲母および角閃石の形成時期、第82 回西日本東南極セミナー、高知. 2014 11

22. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、坂田周平、サティシュ・クマール、石川正弘、グランサム・ジェフ、平田 岳史、大陸衝突帯で見られる高濃度塩水活動に伴う物質移動. 日本鉱物科学会 2014 年年会、熊本、2014 9 (ポスター研究発表最優秀賞受賞)

21. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、グランサム・ジェフ、複数段階の高濃度塩水活動の意義−東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネの例. 日本地質学会第 121 年学術大会、鹿児島、2014 9 . (ハイライト論文)

20. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、ジェフ・グランサム、複数段階の塩素に富む流体活動の意義東南極セール・ロンダーネ山地の例. 日本地球惑星連合大会 2014 年大会、横浜、20144.

19. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、ジェフ・グランサム、高度変成岩中で見られる複数段階の高濃度塩水活動−セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネの例. 変成岩などシンポジウム、下呂、20143.

18. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、ジェフ・グランサム、東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネにおける複数段階の塩素に富む流体活動の意義. 79回西日本東南極セミナー、福岡、20141.

17. 東野文子、河上哲生、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、ジェフ・グランサム、東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネにおける複数段階の塩素に富む流体活動の意義. 33回極域地学シンポジウム、立川、201311.

16. 東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、土屋範芳、石川正弘、ジェフ・グランサム、大陸衝突帯で見られる複数段階の塩素に富む流体活動と希土類元素に富む鉱物の挙動. 日本鉱物科学会 2013 年年会、筑波、20139.

15. 東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、石川正弘、土屋範芳、ジェフ・グランサム、グラニュライト相下の塩素に富む流体活動に伴う希土類元素に富む鉱物の挙動. 日本地球惑星科学連合 2013 年大会、千葉、2013 5 .

14. 東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、石川正弘、土屋範芳、ジェフ・グランサム、大陸衝突帯で見られる塩素に富む流体の流入時期と希土類元素に富む鉱物の挙動. 変成岩などシンポジウム、定山渓、2013 3 .

13. 東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、石川正弘、土屋範芳、ジェフ・グランサム、大陸衝突帯で見られる塩素に富む流体の流入時期と希土類元素に富む鉱物の挙動−東南極セールロンダーネ山地の例. 地殻流体研究集会 2013、修善寺、2013 3 .

12. 河上哲生、東野文子、土屋範芳、サティシュ・クマール、石川正弘、ジェフ・グランサム、後退変成期の塩素に富む流体活動―東南極セールロンダーネ山地ブラットニーパネの例. 32回極域地学シンポジウム、立川、2012 11 .

11. 東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、土屋範芳、石川正弘、ジェフ・グランサム、東南極セールロンダーネ山地バルヒェン山における塩素に富む流体の流入時期と希土類元素に富む鉱物の挙動. 32回極域地学シンポジウム、立川、2012 11 .

10.  東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、土屋範芳、石川正弘、ジェフ・グランサム、高温変成地域における塩素に富む流体の流入時期と希土類元素に富む鉱物の挙動. 日本鉱物科学会 2012 年年会、京都、2012 9 (ポスター研究発表最優秀賞受賞)

9.  河上哲生、東野文子、柚原雅樹、小山内康人、中野伸彦、米村和紘、Punya Charusuri 、上久保寛、牧賢志、平田岳史、タイ中・南部の花崗岩類および変成岩類のLA-ICP-MS U-Pbジルコン年代. 日本地質学会第 189 年学術大会、堺、2012 9 .

8.  東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、石川正弘、牧賢志、土屋範芳、ジェフ・グランサム、平田岳史、東南極セールロンダーネ山地で見られるグラニュライト相における塩素に富む流体活動. 73 回西日本東南極セミナー、新潟、2012 7 .

7.  東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、石川正弘、牧賢志、土屋範芳、ジェフ・グランサム、平田岳史、大陸衝突帯で見られるグラニュライト相における塩素に富む流体活動. 日本地球惑星科学連合 2012 年大会、千葉、2012 5 .

6.  東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、石川正弘、牧賢志、土屋範芳、ジェフ・グランサム、平田岳史、大陸衝突帯で見られる高度変成岩中の塩素に富む流体活動−東南極セールロンダーネ山地の例. 変成岩などシンポジウム、京都、2012 3 .

5.  東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、土屋範芳、石川正弘、牧賢志、ジェフ・グランサム、平田岳史、黒雲母および燐灰石の塩素濃度から制約する地殻内部流体活動東南極セールロンダーネ山地バルヒェン山の例. 31 回極域地学シンポジウム、立川、2011 11 .

4.  東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、土屋範芳、石川正弘、ジェフ・グランサム、高度変成岩中に残された流体活動の痕跡−黒雲母の塩素濃度とジルコンの産状からの制約. 日本地質学会第 188 年学術大会・日本鉱物科学会 2011 年年会合同学術大会、水戸、2011 9 .

3.  東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、土屋範芳、石川正弘、ジェフ・グランサム、東南極セールロンダーネ山地バルヒェン山に産する泥質片麻岩中の塩素に富む黒雲母とジルコンの産状. 日本地球惑星科学連合 2011 年大会、千葉、2011 5 .

2.  東野文子、河上哲生、サティシュ・クマール、土屋範芳、石川正弘、ジェフ・グランサム、東南極セールロンダーネ山地バルヒェン山に産する黒雲母-ザクロ石-珪線石片麻岩に見られる塩素に富んだ黒雲母の産状. 30 回極域地学シンポジウム、立川、2010 12 .

1.  河上哲生、サティシュ・クマール、土屋範芳、石川正弘、東野文子、ジェフ・グランサム、吉田健太、東南極セールロンダーネ山地パーレバンデおよびバルヒェン山に産する泥質変成岩類. 30 回極域地学シンポジウム、立川、2010 12 .

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: http://www.kueps.kyoto-u.ac.jp/~web-pet/logo2.jpg